機械翻訳に適したテキストを!

テキスト作成の前に日本語と外国語の違いを知ろう!

外国の人にも見てもらえるようなホームページにするため、日本語で書いたテキストを機械翻訳で外国語にする際に、思った通りに翻訳されなくて困った経験はありませんか。こうなってしまう原因はいくつか考えられますが、機械翻訳しにくいテキストを書いてしまっているという事が考えられる原因の1つです。特に日本語は英語等の外国語と違う点が多々あります。

その最たるものが、主語を省略したテキストが多いという点です。英語等はどのテキストも主語を省略出来ないため、日本語のような特徴を持つ言語を英語等に機械翻訳しようとするとどうしても不具合が起こりがちになります。その他、日本語は結論をはっきり言わない、漢字・ひらがな・カタカナが混ざっている等という特徴も機械翻訳が上手くいかない事が多い要因とされています。

機械翻訳が迷わないようなテキストを作ろう!

そうした翻訳ミスを最小限にするには、機械翻訳が迷ってしまわないようテキスト作りを心掛ける必要があります。まずは漢字間違いが無いか徹底的にチェックします。1つの漢字変換が違うだけでテキストの内容が大きく違ってくるので、必ず全ての漢字に目を通しましょう。ひらがなやカタカナを極力少なくする努力も大事です。機械翻訳はひらがなやカタカナの切る場所を判別する事が苦手な傾向があるので、複数切る所の候補があるような部分が無いかの確認も怠らないようにしましょう。

出来るだけ結論を最初に書き、あまり長い文を書かないようにする事も必要になります。1文が長いとその分翻訳ミスも多くなる傾向にあります。その他、省略語を使わない、主語を省略しないという事等も心がけてテキスト作成をしましょう。

© Copyright Best Website Translation Providers. All Rights Reserved.